2018年6月8日金曜日

最近の野党勢力は、国家転覆をもくろむテロリストのようになっていますが、

最近の野党勢力は、国家転覆をもくろむテロリストのようになっていますが、国民の審判という形で、このような政治家たちを公民権を停止した上で強制排除できるような仕組みを早急に作るべきだと思いますが西田先生はどうお考えですか。

小泉元首相が安倍首相の信頼がなくなってきているので3選は難しいと断言しました。

小泉元首相が安倍首相の信頼がなくなってきているので3選は難しいと断言しました。その根拠は森友問題、加計学園問題で国民の誰もが感じる「言い逃れ」ばかりしていると記者団に述べたが、私は安倍首相は真実を語っているが、左翼系の野党が根拠のない「言いがかり」を付けていると思います。
自民党の元首相が何故左翼系野党に味方して安倍首相の足を引っ張るのでしょうか?教えてください。

ヘイトスピーチ規制法と種子法廃止法案以外は尊敬しております西田先生殿

ヘイトスピーチ規制法と種子法廃止法案以外は尊敬しております西田先生殿

国益のためいつもご活躍有難うございます。

前回のおまけで回答いただきました 自民党の移民政策について質問いたします。
移民ではなく技能\実習生には帰っていただくとおっしゃいますが建前はその通りですが

中身は移民政策そのものではありませんか?

最長5年間の技能\実習を終了した外国人に、さらに最長で5年間就労できる□

を与える。

さらに試験に合格すれば家専門的技術分野・技能\に移行出来、家族を招いて

条件をクリアすれば永住も可能\ななります。

外国人が増えればどうなるかはお分かりの政治家さんたちは

日本国の行く末を真剣に考えて頂きたく願うばかりです。

最近、安倍政権は持たないと与党内の声を聞きますが・・・

こんばんは。選挙に対する議員考え方に???
最近、安倍政権は持たないと与党内の声を聞きますが・・・(マスゴミが
言っているだけ)
安倍政権では戦えない。と言う議員の方達に物申\したい。
なぜ自分の力で選挙を戦をうと思わないのか?
大物政治家のバリューネームにしがみついて当選しても無能\な議員しか
ならないのではないでしょうか?

安倍政権は日本人にとって最後の砦です。
与党の中で安倍、麻生、菅、河野さんに変わる人材は居ないと思います。
次の総裁選、総理は安倍さん以外に居ないと思います。
一番怖いのは安倍政権が終わった後です。西田さんはどう思いますか?
中国、韓国、ロシア、北朝鮮、アメリカなどのスパイが日本にはうじゃう
じゃ居ます。なぜ日本はスパイ防止法を作らないのですか?
世界から日本はスパイ天国とまで言われています。
このままでは日本は乗っ取られてしまいます。
今こそ本当の日本国を取り戻す為には自分はなにをすれば良いのでしょう
か?                         

西田昌司がズバッと答える!!一問一答「森友問題よりも移民政策を話題にして 反対してほしいのですが?」の中で、

問い合せ= 西田先生、お元気でお過ごしでしょうか?何度も申\し訳ないのですが、ご質問
させていただきます。

 西田昌司がズバッと答える!!一問一答「森友問題よりも移民政策を話題にして
反対してほしいのですが?」の中で、自民党は移民受け入れではなく技能\実習生
を受け入れているとのことですが、技能\実習生が労働力として使われると、労働
者不足を生産性向上で補おうとするインセンティティブが失われ、結果として成
長を阻害する(歴史上は阻害している)と思うのですが、先生はいかがお考えでし
ょうか?

 余談ですが、資本主義とはそもそも資本、つまり生産性の向上によって発展を
なすものであり、産業革命以前の人と土地によってなされるものではありませ
ん。よって時代遅れの政策に賛同しかねます。
 あともう一点。高度成長期に他先進国より抜きんでて我が国が成長できたのは
移民を受け入れなかった点にあります。これは、他国、特に独国の統合前後の成
長率からみて取れます。東独労働者を受け入れた時期に成長率が落ちている点か
ら明らかです。傲慢でなければ、日本国民や旧西独民が優れていたので他国の2倍
近い成長率をたたき出していたと考えるのは無理があると思います。

 以上、稚拙な質問ではございますが、お答えくだされば幸いです。

< 「愚劣の野党」と「ふがいない与党」、それを終わらせるためには・・・ >

「国民」は真っ当であればあるほど、偏執狂の主要新聞・マスメディア、それらとつるんでアホ面した野党、いまの「なにかをやっている風だけで、実はなにもしていない、できない」政権与党、それらに呆れ果て、反吐を出して、「おまえら、もういい・・さがれ」と、深奥で叫んでいるのだ!!!!

云うまでもない、ひとつの道しかない・・・、「辞める」こととと「やり直す」ことである!!!

河野君は、「次」の覚悟があるのか?・・それとも、その他に誰が居るのか?早急に、密かにであろうが公然とであろうが、比較的若い連中、といっても40代から50才前後の者の中から、誰かを選抜すべきである!!!

左程の時間はないのだ!!!

森友問題における安倍総理の?私や 妻が関わっていたら辞める?という答弁が問題視されることがありました。

少し旬を過ぎた感のある話になってしまうのですが、森友問題における安倍総理の?私や
妻が関わっていたら辞める?という答弁が問題視されることがありました。

確かにこの発言は軽率だったのかもしれませんが、この答弁を正面から受け止めず、チ
ャンスとばかりに政局にしてしまう野党や、その野党のやり方に全く異を唱えないメデ
ィアに強い違和感をずっと感じています。

国会において、何でもかんでも言質を取って政局にしようとすることは仕方のないこと
なのでしょうか。

また、民主党政権時代の自民党もそんな感じだったのでしょうか。

西田先生のご意見をお聞かせ下さい。


長野県からですが応援しています。
お体には気をつけて、頑張って下さい。
どうか安倍政権を支えて下さい。