2021年1月3日日曜日

第何弾まで行われるのかわかりませんが、新型コロナの経済対策について質問 です。

第何弾まで行われるのかわかりませんが、新型コロナの経済対策について質問
です。
私は経済政策には明るくないですが、財政出動や消費税の減税といった西田議
員の意見に賛成です。
しかし、スタグフレーションになることを懸念しています。
西田先生は、スタグフレーションを回避する案は検討されているのでしょう
か?

最近MMT を調べはじめ、YouTubeでは先生の動画を拝見させて頂くようになりまし た。

最近MMT を調べはじめ、YouTubeでは先生の動画を拝見させて頂くようになりまし
た。
経済素人の質問で恐縮ですが、MMTで国家、自国通貨を発行する主体が破綻しないこ
とを理解しましたが、
そうすると通貨を発行出来ない県や市などの地方は、
通常の法人経営的、家計的視点を含めた緊縮路線も駆使して運営する方が望ましいとい
う理解で良いでしょうか?
その意味では大阪での維新の運営は正しかったとみて良いでしょうか。

先日の国会質問は大変感激しました、コロナには十分お気をつけてご活動ください。

国民のリアルな意見を、 受け止めていただく方法はないでしょうか?

西田先生、日本ために日々のご努力ありがとうございます。
安倍総理に、一門一答の動画を見ていただき、国民のリアルな意見を、
受け止めていただく方法はないでしょうか?

昨日7日総理の非常事態の発令と合わせて対策費が公表されましたが

西田先生、日本のために日々のご努力ありがとうございます。
さて、昨日7日総理の非常事態の発令と合わせて対策費が公表されましたが、
消費税減税についての発言はありませんでした、西田先生が言われる様に
コロナが落ち着いて経済活動が再開時に減税になれば、効果がてきめんで
あるのでしょうが、すべての産業が落ち込み会社員である我々も給料が
減って、ボーナスは大きく落ち込み日頃の生活にもすぐに影響は出てきます。
一日でも早く消費税を0%にすべきではないですか?

4月8日(水)12:00頃に配信されたブルームバーグ記事です。

4月8日(水)12:00頃に配信されたブルームバーグ記事です。

日本の4-6月期GDP予想、マイナス25%に下方修正-ゴールドマン
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-08/Q8G3FGDWX2PU01?srnd=cojp-v2

安倍首相が発表された『緊急経済対策』を織り込んだ上での数字です。

ゴールドマンサックス一社の予想が必ず当たるというものではありませんが、
あらゆるデータを分析している専門家の見地によるところなので、
概ねこの方向に向かうと考えられます。

金額にして140~160兆円くらいになるのでしょうか。
今後さらに、真水50兆円の財政出動、3回くらい実行しないと支えられません。

この巨額のGDP減少を目の当たりにした場合、
西田先生なら、どういう経済対策をお考えになりますか?

日銀が量的緩和により保有している、資産としての日本政府の負債である国債は

日銀が量的緩和により保有している、資産としての日本政府の負債である国債は、日本
政府が返済するとき、日本政府が持っている日銀当座預金から、日本銀行に返済をする
ということでよろしいですか?その場合、日本政府の日銀当座預金は、いつか無くなっ
てしまいませんか?

西田さんは短期的な労働者、生活支援についてはどう思いますか?

西田さんは短期的な労働者、生活支援についてはどう思いますか?日本の政策では米、
イギリスなど他の国に比べると労働支援、生活支援が見えて来ません。国民的な不安は
西田さんのおっしゃる中長期より、もっと明日の不安ではないでしょうか?自分もそう
ですが、給料、雇用が悪化してもマスク二枚しか貰えない可能性が高いです。
1.2カ月程度を想定した短期的な労働、生活支援についてはどう思われますか?